節約を意識して水道光熱費の無駄をなくす|節約をして余裕のある生活を



節約が当たり前の生活


私は、常に節約という言葉を頭に入れて行動するようにしています。

何も気にせずに生活を送っていると実はかなりのムダをしていることが多いため、いつも節約するということを心掛けるだけで日々の生活は大きく変わってくるのです。




電気代の節約


まず電気代の節約ですが、家に自分一人しかいない時はカーテンを開けて電気をつけずに過ごすようにしています。

また、エアコンや扇風機、コタツなども一切使用しません。
夏は薄着をして首に冷たいタオルを巻いたり、冬はとにかく厚着をしたりすることでエアコンなどの電気代の節約に励んでいます。

また、テレビを見たり音楽を聴いたりすることもしないので、家の中に自分一人しかいない時はほとんど電気代を使うことがありません。

そして、冷蔵庫以外の使っていない家電のコンセントはすべて抜いているので、待機電力についても節約しています。

このように、電気代に関しては徹底的に節約をすることで毎月の電気代がかなり安くなってくるので、とにかく何でもやってみるということが大事だと言えます。




ガス代の節約


そして次にガス代の節約ですが、これは主にお風呂の時に実行しています。
まず、ボタンを押して自動でお湯をためることは絶対せずに、必ず蛇口からお湯を出してかなり少な目にためるようにしています。

そして追焚きの機能、保温の機能は使わず、家族全員順番でサッサとお風呂に入ってしまいます。

こうすることでガス代をムダに使うことがなく、節約に結びつけていけるのです。
ガス代は放っておくとどんどん高くなっていくので、一度毎月の明細を見直していくらまでにおさえるということを決め、ガス代の節約に努めることが大事だと言えます。




水道代の節約


そして最後に水道代の節約ですが、これはこまめに水を止めるということと、トイレのタンク内にペットボトルを入れておくということで節約をしています。

洗い物の時、歯磨きの時、洗顔をする時、シャワーを浴びる時など一日のうちで水を使うことことは非常に多いです。

そこで、この一つ一つの動作をする時にこまめに水を止めることによって水道代をかなり節約することができるのです。

水を出しっ放しにすることに慣れてしまうと水道代の節約とはかけ離れていってしまうので、水を大切に思う心を持って水道代の節約に取り組んでいくことは大事だと言えます。

そして、水を大切に思いはじめると自然と水の無駄遣いもしなくなるので、このような心を持つことは大切なのです。

また、トイレのタンク内に水を入れたペットボトルを入れておくと流す時の水の量を節約することができるため、こちらも水道代のおすすめの節約法だと言えます。

このように、私が毎日の生活の中で実践している節約術は特に難しいことはありません。
ただ節約ということを常に頭の中に入れているかいないかというだけのことなので、常に節約ということを心掛けていれば自然の流れで節約につなげていくことができます。

また、節約できるかどうかはすべて自分次第ということもあって、日頃の生活態度がダラけている人には少し難しいと言えます。

ですから、節約をして少しでもお金に余裕を持たせるためにもシャキッとした生活を送り、小さなことからでもいいので節約をはじめることがとても大切なのです。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

節約に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは、皆さんの今まで実践していた節約術、今も継続して続けている節約などの体験談を載せています。
節約生活をスタートさせたい方、貯金を増やしたい方、ぜひご覧ください。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ







ページ上部へ戻る