便利な電子マネーと付き合う節約術|現代に合った節約の仕方



無計画の人には向かないクレジットカード


クレジットカードのような便利なものは、節約にはあまり向きません。際限なくお金が使えてしまいますし、自分がいくら使っているのか把握しづらいからです。

ですが今は国の政策でキャッシュレス推進がありますので、まったく使わないと恩恵を受けることができません。電子マネーはうまく付き合うことができれば、節約にもつながりますよ。




クレジットカードは節約にはならないのはどうして?


クレジットカードも利用額に応じてポイントが付きます。でも実際にはうまく付き合って節約につなげることができる人はあまりいませんよね。

クレジットカードは基本的に後払いのシステムです。一回払いなら利息は取られませんが、払うのは翌月以降です。
毎回使った分だけ口座に入金するなど、決めたルールで厳格に使える人なら意味がありますが、そうではないのならできるだけクレジットカードは避けたほうが良いんです。

便利なものほど落とし穴があります。クレジットカードも計画的に使いましょう。

また使いすぎてしまった時に、支払が大変で分割払いにできるのもメリットでありデメリットなんです。最初は一括のつもりでいたけれど計画が狂って分割になってしまえば、つくポイントのメリットよりも支払う利息はすぐに上回ります。




何の電子マネーを利用するのか?


ただ電子マネーは「お得だから」といくつも登録してしまうと管理は大変になってしまいます。
自分がよく利用するお店やチャージのしやすさなどから優先順位をつけて、多くても3種類程度までに絞りましょう。

最初はキャンペーンでお得になったとしても、加盟店がまだ少なかったりすると利用しづらく便利度も下がってしまいます。目先のお得に振り回されないようにしたいですね。

3種類もあればたいていのお店で電子マネーを利用することができます。これ以外のお店の場合には現金で支払う、と決めて数を増やさないようにして下さい。数が増えるほど支出の管理は大変になってしまいます。

お得に釣られてどこででも利用しないようによく考えることが大事です。

コンビニや自動販売機の支払にはこれを使う、外食に行った時にはこれを使う、などのように用途別にイメージすると分かりやすいですね。

自分のライフスタイルに合った電子マネーが良いので、最初に3種類に絞るよりは実際に使ってみてから減らしていくのも悪くはありませんね。使っていく上で管理できるようになってから、電子マネーの数を増やしても良いでしょう。

将来的には電子マネーは淘汰されていき数が減ると思われます。
他社と合併してどんどん減っていくはずです。まだ合併する段階には至っていませんので、そう考えるとまずは自分の住んでいる地域で加盟店の多い電子マネーが良いですね。




毎月1回チャージする


自分が一か月に使える金額というのは、たいてい決まっていますよね。ですからお給料が入ったら自由に使えるお金を振り分けて、それぞれの電子マネーにチャージします。

なくなったらチャージする、という曖昧な方法はオススメしません。月初めにチャージして残高がなくなったらその月はもうその電子マネーを使うことはできません。使いすぎ予防にオススメな方法です。

自分でコントロールしてひと月どれだけ使うかを決めておきましょう。

またチャージは現金や口座でのチャージに限定します。
連携しているクレジットカードでチャージできるものもありますし、両方のポイントがつくからお得と考える人もいるでしょう。

でもその月にいくら使っているのか把握しづらくなりますので、基本は現金チャージがオススメです。

何か月か使ってみると、どの電子マネーをよく利用するのかも分かってきます。その時にどれにいくらチャージするのかを検討していきましょう。




収支の管理はアプリで


お財布に入っているお金は家計簿に記録します。
電子マネーの場合にはそれぞれのアプリで収支が管理できるため、わざわざ紙の家計簿に書く必要はありません。

何種類かの電子マネーを利用している人に便利なのが、家計簿アプリなんです。利用している電子マネーと連携させると自動で利用歴を取得するので、手間なく収支の管理ができます。

アプリだと書く手間も省けますし、最近ではレシートの写真を撮るだけのものもあるので楽に管理ができますね。

有名なアプリはマネーフォワードMoneyTreeがありますね。
主要な銀行、カード、電子マネーと連携させることができます。最初に登録するのがちょっと手間ですが、その後は簡単で使いやすいです。



電子マネーで残高が余ったら?


お財布のお金から月末に余ったら貯金もできます。でも電子マネーは基本的に一度チャージしたお金を引き出すことはできません。残高が余ったら翌月に持ち越すことになりますね。

余るとつい気が大きくなって使いすぎることもありますが、余るということは上手に付き合えている証拠です。

残高が残るくらいの使い方ができているのはうまく節約できているということなので、引き出せないことはあまり気にする必要はありません。

残高があると誘惑も色々と出てくるところですが、そこはグッとこらえて次月に回しましょう。

残高が余ったらご褒美にスイーツやランチを食べてもいいですね。必ずしも貯金をするということだけが節約ではなく、時としてご褒美があるということも大切ですよ。

電子マネーはとても便利ですし、キャッシュバックのキャンペーンもあったりして上手に付き合えばお得になりますね。

上限を決めてチャージしていけば無駄を省いてお得の恩恵を受けることもできますよ。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

節約に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは、皆さんの今まで実践していた節約術、今も継続して続けている節約などの体験談を載せています。
節約生活をスタートさせたい方、貯金を増やしたい方、ぜひご覧ください。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ







ページ上部へ戻る