自分の気分を変えてみる節約法|我が家の節約術をご紹介



私の気分をちょっと変えてみる


とにかく我が家は今お金が必要です。
収入よりも完全に支出の方が上回っているこの状態は子どもたちの学費がかかる暫くの間続くことは分かっています。

なので継続して節約してお金をストックして行くのは主婦の私のマストな仕事なんです。

現在進行形で私が頑張っているちょっと気分を変えれば簡単にできる節約術をご紹介したいと思います。
節約したいと思っているみなさんに一つでも使っていただければと思います。




家計簿アプリを使って視覚的に確認し心を締める


まず財布から出て行くお金を減らすには財布を締めること。
出て行くお金をなるべく財布に入れておかないというのは結婚前からやっていたことでした。

でも最近はキャッシュレス決済がどんどん台頭してきてお金を入れておかなくても結果的にお金は出て行くことになってしまうのです。
そうしたら、どこを締めればいいかと考えた時心ではないかと思えて来ました。

そのためには、まずは自分がどんなものにどれだけのお金を使っているのか目に見える形で掌握しもしも無駄があるなら、そこにかえって目をやり心を締めて行くことを目指しました。

家計簿をつけることを試みたことは過去にもありましたが、いつも長く続けることは出来ず挫折していました。
その理由の第一は面倒くさくなってしまうことでした。

やる気満々で初めてみても、結局途中で面倒くさくなって辞めてしまう人は多数いると思います。そんな人におすすめのやり方は、、、


よってレシートを撮影して家計簿を付けて行く便利アプリを使用してみるとこれなら続けることが出来ました。

使い方は至って簡単でもらったレシートを撮影すれば勝手に支出を項目ごとに分類してくれます。
食費、外食、日用品…とかいう具合にです。

円グラフでも表示されるのですごく視覚的に刺激され「今月食費20000円使ったからあと10日もう10000円以内に締めて行こう」とかより具体的なスローガンを掲げたりも出来るのです。

ただ何となく「使いすぎちゃったから少し締めなきゃ」よりずっと実行出来る可能性は高くなります。




たまに一食抜いちゃう節約


食費の節約を考える時安い食材を買うとか外食をしないとか色々方法はあります。
でも、違ったアプローチとして食材は良いものを使い、外食も食べたいレストランでちょっと高くても好きなものを食べてしまう。

その代わりたまに一食食べるのをやめて節約してしまおうというやり方です。
一日一回夜は絶対食べないとかそんな徹底したやり方じゃなくていいのです。

ちょっと高い食材を買って料理した、高級レストランで食事してしまった日の翌日でいいので必ず一食抜くようにしてしまうのです。

主婦の場合は家族の分は作り自分の分だけ作らないそれで大丈夫です。
これはお金の節約にもなりますし、料理するという行為の節約にもなります。

主婦にとって毎日の料理はとても負担ですよね。自分は簡単にカップラーメンやお茶漬けで、なんてことでもだいぶ楽になりますね。


意外と1人分減ると食材の量も減るし「レンチンだけで出来ました」とか負担が減るのです。

一食抜くことのストレスよりもこの作業軽減のメリットの方が心地よくなってこの節約方法私は続けることが出来ています。
しかもダイエットにもなりますからね。一石二鳥です。



気ままにプチビーガンになっちゃう


ビーガンってちょっとカッコいいですよね。
ベジタリアンが肉や魚だけですがビーガンはもっとストイックで卵・乳製品・はちみつも食べない人たちです。

ちょっと「食費ヤバッ」となってしまったら、月のどの日からでもこの人たちの仲間に入るのです。

ただし完全に同じになろうとしたらかなりのストレスなので「プチビーガン」位を目指してみると良いですよ。
私はよくやります。自分の分だけでも肉や魚を買わないと大分食費の節約になります。

自分ができる範囲で一時的な食事制限をして食費を抑えてみましょう。


スーパーで「私の分がいらないからサイコロステーキ1パックで足りちゃう」と簡単に節約が出来てしまいます。
そして何かちょっとカッコよくなった気分でその日安くなっていた野菜を得意気に食べるんですね。




服なら自分のクローゼットをイメージして節約


洋服の無駄遣いで浪費してしまうというのは女性の常です。
意外と既に持っているのと同じ様なものなのに赤札なんかが付いているとついつい持ってレジに並んでしまうなんてことになります。
割引率が高ければ高いほど手は伸びます。

そんな時ブレーキになってくれるのは、自分のクローゼットをイメージするという過程です。
まずは今手にしている服、目をつけた服がクローゼットの引き出しに入っていないか、ハンガーにかかっていないかよくよく思い出すのです。
「あっ!あるわ」となる事は意外と多いです。私はこの冬は何度も踏みとどまりました。

欲しいものが目の前にある中で自制するのはとても簡単なことではありませんが、無駄をなくすために心を鬼にして諦める努力をしましょう!


それでもどうしてもその手にした70%オフの服が買いたいとなってしまったら、その同じ様な服が帰ったら捨てられるか考えてみてください。

その服が古くて交換で捨てられると思えたら「買い」はありだと思います。
でも、捨てることが出来ないと判断され同じような服がもう一枚クローゼットに存在することになるようなら、そこでは買ってはいけない、買う必要がないという結論に持って行きましょう。

これで大分お金の節約になりますし、クローゼットの場所の節約にもなるのです。

【まとめ】
4つのセルフコントロールを活用した私の節約術をご紹介しました。
どれも大げさじゃなく、そんなに努力もいらず気軽に試せると思うのでちょっとメモしておいてぜひやってみて下さい。

NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

節約に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは、皆さんの今まで実践していた節約術、今も継続して続けている節約などの体験談を載せています。
節約生活をスタートさせたい方、貯金を増やしたい方、ぜひご覧ください。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ







ページ上部へ戻る