かさ増しの優れた逸材!そぼろ大作戦でお子様大満足メニュー連発



海外在住で節約生活


国際結婚して欧州在住の30代女性、節約に志を燃やして日々を送っています。
というのも主人(現地人)のお給料は薄給、私は幼い子供の面倒を見つつ在宅のライター業をこなしてはいますが、実入りはたいへん小さいからです。

国際結婚と言うと派手でゴージャス、広いおうちでセレブ生活を送っているんでしょう~?そんなイメージ(偏見)を抱かれるのですが、決してそんなことはございません。

日本にいても海外にいても節約は全国共通です。

日本の普通のご家庭が見たら「えっ!こんな収入で、よくこれだけ貯金できていますね!?」そんな風にびっくりされるくらいの質素な生活ぶりなのです。

そうでもしなければ、年に一回のペースで行っている、一時帰国の航空チケット代などを捻出できるわけはありません。
日々・これ節約なのです。




海外での生活


そんな私ですが、使える部分をどんどん利用して、決して惨めに感じないように質素な節約生活を送っています。
【私が行った節約術】
・固定費などの大幅縮減
・被服費ミニマム化
・無償教育や保育サービスの徹底利用

そして決め手は「とことん手作りで食生活を切り盛りする!」という点でしょうか。

例えば、海外生活のブログランキングサイトを見ていると、どこそこのレストランやカフェが美味しい!という外食スポットネタが非常に多いです。

これは観光に来る方ならいいのですが、私自身はほぼ数年の間、全く外食をしていません。
厳密な意味で言うならホームパーティーに招かれたような際にお食事をいただいているので、これも外食かもしれませんが。

とにかく、欧州で外食をするのは非常に高価につきます。
そして、よっぽどお値段の張るレストランなどに行かなければ、納得の食材を使ってきちんと美味しいものが食べられる、という確約はありません。

海外でも外食は高くつきます。日本と同じように自炊が一番ですね。

私たち一家のレジャー予算では、とうてい一食にここまでの価格はかけられない、という線なので、必然的に自分で作るようになります。

また、日本食材なども手に入ることは入りますが、非常に高価です。
これも出来る範囲で自家製を心がけています。

また、外食や出来合いの食事は非常に高くても、そのままの農産物や原材料などが比較的廉価に手に入る、という国ならではの特徴もあります。
(一方で、日本の食材は美味しさの保証はついていてもどれも高いですね…。)




私が実践した節約術


そんな私のおすすめ節約料理はズバリ、「そぼろ大作戦」です。
そぼろ、日本で言ったら美味しいお弁当のおかずですね。
鶏肉や合いびき肉で作るお母さんが多いと思うのですが、こちら欧州では牛以外のミンチを買うことができません。

ですから安いお肉のかたまりを買ってきては、自分でミキサーなどを使ってミンチ状態にした上で、お料理に使用します。

このミンチ肉、普通にかたまり肉の状態と比べて圧倒的にかさが増します。
ですから実際のグラムにすれば少量でも、しっかりとメインおかずになれる変幻自在の役者、と言えるでしょう。

ミンチは子供も大人も喜ぶレシピがたくさんありますので、色々な料理を試してみましょう。

私の場合は安い七面鳥や豚の肉を粉砕し、そぼろにしてしっかり味付けをします。
これを白米の上に散らし、野菜をたくさん添えて見栄えをよくすれば、子どもが大喜びで食べてくれる「そぼろ丼」のできあがりです。
実は、お肉が大きいと子どもは「硬い…」と少し敬遠するので、こちらの方が食べやすくて好まれるのです。
ついでに季節の野菜を温野菜などにして一緒にすれば、これも勢いでどんどん食べてくれます。

残ったそぼろは冷凍しても良いのですが、次の日オムレツやキッシュなど、卵料理の中にとじこんでも、やはり子どもは大絶賛してくれます。

これら卵料理は、やはりミキサーで粉々にした野菜や小さめのパスタ、牛乳・豆乳類で大幅にかさ増ししてあるので、節約料理のエースと言えます。
ここにほんの少しのそぼろが加わることで、とてもゴージャスな食感に生まれ変わるところがすごいですね。

このように、頭を捻って作る節約料理が「ママ、これおいしいっ!」と子どもや夫にヒットする時ほど、幸せな瞬間はありません。
これからも美味しいごはんで、メリハリのきいた節約生活を楽しんでいこうと思っています。


NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

節約に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは、皆さんの今まで実践していた節約術、今も継続して続けている節約などの体験談を載せています。
節約生活をスタートさせたい方、貯金を増やしたい方、ぜひご覧ください。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る