節約は無理なく続けることで成果大|私が節約をして学んだこと



塵も積もれば山となる


節約と言うと、良く言えば「無駄を省く」「頑張った分だけ数字で成果が見える」などです。

それまで何気なく買っていた物も、一呼吸置いて考えると「これは必要なのか?」とか「同じような物でも、こっちの方が安い」など考える余地ができて、少しずつではありますが、その差額分が成果として表れます。

数字は嘘をつきませんから、『塵も積もれば山となる』です。

ただ悪く言えば、
「数字にこだわった結果、欲しい物まで我慢してしまってストレスが溜まった」
「あんなに頑張ったのに、これだけしか安くならなかった」

など、自分なりに頑張ったつもりが、思ったほどの成果が出なくてストレスが溜まって、節約が続かないなどがあります。

確かに節約と言うだけあって、大なり小なり我慢することはありますが、最初から大きな成果を出す必要はないです。




買い物の工夫


例えば、日用品などの買い物では、クーポンを使ったり特売日に買い物をするなどします。
毎日使うものだけに、積み重なるとなかなかの節約になると思います。

スーパーでは曜日ごとに安い日や、特定のジャンルの商品が安い日などがありますよね?私もこれらを活用するようになって、これまで買っていた物が曜日をずらすだけで少しでも安くなるんだ!と少し嬉しくなりました。

お店ごとで特売日が違ったり、この商品はこのお店が一番安い、など広告を見て分析するのも面白いですよ。

微々たる節約ですが、家計簿の週末や月末にその差額を数字で見ると、なかなかの数字でしたよ。
とは言っても、買い物の方法は人それぞれ。
1週間分まとめて買い物する方、安い日にそのつど買い物に行く方などです。

私は後者の方なので曜日ごとに安い時に買いに行きますが、前者の方の場合は日曜日が安い日が多いので休日に買い物に行くか、今ではネットスーパーもありますから、それで安い曜日にまとめて買われる方もいるかもしれませんね。




水道光熱費の節約


続いて、水道光熱費のように変動が大きい物の場合です。

【電気代】
今は電力自由化がありますから少しでも安い会社に変わるなどして電気代を安くするとか、こまめに使わない電化製品のコンセントを抜くとかなどでしょうか。

これは、私もこまめに電気を消したりしています。
例えば、夏なら明るい時間が長いので電気をつける時間は短いですし、扇風機やエアコンにしても、冬の暖房代に比べれば安いですからね。

【水道代】
水を出しっぱなしにしたまま食器を洗う・歯を磨くなどはダメです。
後は、夏の入浴はシャワーで済ませる方が少なくないと思いますが、これも出しっぱなしにしたまま髪を洗うなどはダメです。

浴槽にお湯を溜めて入る方は、その残り湯を洗濯やトイレに使うなどすると、かなり大きい節約になるかと思います。

ここまでは自分の努力次第ですが、大きく節水になるとしたら、食器洗浄機・トイレのウォシュレット・最近の洗濯機・調整可能なシャワーヘッドなどがありますね。
これらも活用した場合は、更に節約に大きく貢献できます。

【ガス代】
これも自分でこまめに調整するか、少しでも安いガスに変えるかですね。
オール電化の方にはガス代は無縁ですが、ガスを使用している方の場合の話しです。

ここでも季節によって、使用量が違ってくるでしょう。
夏にそんなにお湯を沸かさないでしょうし、冬は寒いですからガスがフル活動すると言った物です。

電気代・水道代・ガス代、使ったら使っただけお金とともになくなっていきます。使い方の見直しをして節約に役立てましょう。





できることからコツコツと


ここまで説明と私の体験を交えて書いてきましたが、ここまでして学んだことは「日用品は、クーポンや特売日を上手く活用して、無理をし過ぎないこと」「水道光熱費は、こまめに調節すること・電化製品を上手く使って長い目で見て節約を心がける」です。
日用品はともかく、電化製品は高いです。

でも、「損して得取れ」ではないですが、長い目で見れば成果は必ず出ますので、思い切って奮発しました。
私の場合はこんな感じでしたが、もちろんもっと賢い方法がたくさんあるはずです。

これからも学びながら、楽しみながら節約していきたいと思います。
長くなりましたが、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。



NY

NY

投稿者プロフィール

名前:NY      性別:男  年齢:30代
出身地:岡山  趣味:読書・旅行・テニス

節約に役立つサイトを作ろうと思い作成しました。
このサイトでは、皆さんの今まで実践していた節約術、今も継続して続けている節約などの体験談を載せています。
節約生活をスタートさせたい方、貯金を増やしたい方、ぜひご覧ください。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ







ページ上部へ戻る